左足ブレーキの勧め             最終更新 令和元年6月30日                                                   ホームに戻るボタン

 高齢ドライバーの暴走事故が頻発しています。明らかにアクセルとブレーキの踏み違えが原因と思えます。アクセルとブレーキの踏み違え防止に、最も有効な方法は、左足ブレーキだと思いますが、一方では、危険運転だとする論調もあり、びっくり仰天しました。高齢になってから、左足ブレーキを覚えるのは、無理かもしれないので、それは推奨できませんが、もしも、若いうちから、練習すれば、高齢になってからも実用可能で、安全運転への貢献度は高く、前期高齢者の私の場合は、無事故無違反を10数年続けており、もちろんゴールド免許です。車は、軽からV6 3リッターまで15台ほど、乗り換えました。自動車評論家諸氏や、警察も、批判より、ご自身が左足ブレーキを実践されると良いと思います。人間は、上手く出来ていますので、左脳ばかりでなく、右脳も使って、脳の活性化をしてみませんか。



以下に気になった記事を引用(コピー貼り付けでそのまま) 福井新聞社 オンライン版

「左足ブレーキ」は事故防止の切り札か 「不慣れな人は絶対にしないで」

6/29(土) 18:03配信


ペダルの踏み間違いが原因とみられる高齢者の自動車事故が問題化する中、福井新聞の読者投稿欄宛てに「右足でアクセル、左足でブレーキのペダルを踏めば防げるのでは」という投書が寄せられた。オートマチック(AT)車の二つのペダルを右足で踏み換えている人には疑問符がつく操作方法だが、果たして「左足ブレーキ」は正しいのだろうか。福井県警によると法的には問題ないものの、複数の専門家は「事故につながるため、不慣れな人は絶対にしないで」と口をそろえる。

 投稿者の福井県嶺南地域の男性(60代後半)は、20代で運転免許を取得。マニュアル(MT)車からAT車に乗り換えた30代のとき、公道以外で練習を半年以上重ねて「左足ブレーキ」を習得した。以来30年余りにわたり、ブレーキペダルの上に左足を軽く載せながら運転しているという。男性は「初めは急ブレーキになってしまうことも多かったが、今は問題ない。法的に問題ないなら踏み間違い防止になるのではないか」と話す。

 県内の複数の自動車学校によると、投稿者と同じ「左足ブレーキ」のドライバーは高齢者講習などで、まれに見つかるらしい。関係者は「(左足でクラッチを操作する)MT車しかない時代に免許を取った世代に、左足ブレーキの人が多いのでは」との見方で一致する。

 県警運転免許課に尋ねると、どの足でペダルを踏むかに「法的根拠はない」。ただし、福井自動車学校(福井市)で教習に使われている教本には、二つのペダルは「右足で踏む」とあり「運転姿勢を安定させるため、操作しない左足はフットレストに置きましょう」と書かれている。

 指導員歴約30年という同学校の横山信弘教頭は、左足ブレーキのデメリットとして▽踏み加減が調整しにくい▽二つのペダルを同時に踏んでしまうとブレーキの効きが悪くなる―などを挙げた。国土交通省福井運輸支局の横山淳一首席陸運技術専門官(整備担当)は踏み加減のほかに「左足で頻繁にブレーキペダルを踏めば、ブレーキ多用で利きが悪くなるフェード現象になる恐れがある。また、ブレーキランプの点灯が多いと、後続車のスムーズな走行を妨げるケースもある」と指摘。「左足ブレーキの人がMT車に乗る機会があると、ブレーキペダルの踏み方が大幅に変わってしまう」とも話した。

 NPO法人・高齢者安全運転支援研究会(東京)の平塚雅之事務局長は「踏み間違い防止の観点だけでいえば、左足ブレーキには合理的な側面もある」とする一方で、「それは長年の経験で体が覚えている人だけ。不慣れな人はとっさに反応できず、かえって危険なので絶対にやめてほしい」と指摘している



切り札でなく、あくまでも、選択肢のひとつが適切な表現
 引用にある左足ブレーキの人は、完全な左足ブレーキではなく、足載せ運転で、MT車時代に、クラッチに足を載せる人がいたが、それと同じ心理状況で、AT車でも行われているのにすぎない。(フロアに左足が置けない人の行動)。
左足ブレーキは、習得するのに、半年もかからず、およそ1ヶ月程度でできるようになり、以後は、たまに、右足と左足で迷う事もあるが、その場合、始めは、右足も使い、経験年数が増えると、全て左足ブレーキに移行できます。
 指導員歴30年もあれば、もしも、他の指導員と異なった指導をすれば、その職をを失う可能性もあり、右足ブレーキ以外を教えられるはずが無いのではないかと思う。30年もその職にあれば、定年退職がせまっており、柔軟な発想などできなくなります。左足ブレーキの人でも、ブレーキとアクセルを同時には踏みません。例え話の中で、アクセルとブレーキを同時に踏めば、ブレーキが勝ち、車が停止する事を曲解したと思われます。
 陸運技術専門官の、左足で頻繁にブレーキを踏むとする見解も、全く変で、最初の足載せ運転から受けた印象ではないかと思う。稀に、ブレーキアンプを点灯したまま運転している車に遭遇するが、これに該当し、フェード現象が発生する可能性が生じます。この技官は、右足ブレーキの人であり、左足ブレーキを細かく論評できないと思います。正確に言えば、左足ブレーキでは、右足の踏み換えが無いので、アクセルオフによるエンジンブレーキでの減速が無く、より長い時間、車が定速走行ができ、後続車が安心して追従できます。むしろ、アクセルオフと、ブレーキオンが同時なので、レスポンスが速く、後続車(右足ブレーキ車)の反応遅れが予想でき、ミラーで後ろを確認しながらブレーキ操作を行います。

 福井新聞の記者さんは、取材に基づく記事を丁寧に述べたのではあるが、タイトルからやっているので、記事が、偏向しており残念で、いわゆるオールドメディアの弊害です。ご自分で、左足ブレーキの練習も相当期間やってみるべきであり、不完全な左足ブレーキ操作でなく、きちんと操作できる運転者の意見も、対抗軸に出しておく必要があります。
 不慣れな人は、危険を承知で、下手なブレーキ操作はしないと思います。テストは、右手に鉛筆、左手に消しゴムであり、持ち替えは、時間ロスで、受験には不利です。不慣れな人は、右手だけで行って、両手使いの受験者に負けましょうと言っているようなものではないでしょうか。正解は一つだけではありません。教科書や、法律でも間違いは有りますよ。
 こんな話題より、渋滞中の、スマホ操作、化粧、新聞雑誌を見る行為の方が、迷惑で、既に呆けてしまった高齢ドライバーと、健常者が同じ扱いを受けようとしている事に、警鐘を鳴らして欲しいものです。


初期のオートマチック車の問題点
 今では、エンジンブレーキは、マニュアル車と全く同じようにかかり、アクセルOFFで、自然に減速してくれますが、ハイブリッド車ならば、強力に充電しますので、かなりきつめのブレーキ(回生ブレーキ)になります。しかし、ノークラという呼称が一般的であった頃は、エンジンブレーキは全くかからず、アクセルOFF時の空走感イコール恐怖感とも思えました。更に、アクセルOFF時に空走しているので、踏み替えにかかる時間中の減速が全く無いので、マニュアル車と比べて、停止までの距離が長くなります。そこで、踏み替え時間をゼロにして、オートマ車のハンディを無くす為に、左足ブレーキを使うようになりました。

左足ブレーキによる安全テクニック
 左足ブレーキの長所は、アクセルONで定速走行しながら、状況に応じて、左足を準備できるので、アクセルOFFと、ブレーキONが同時にできます。すなわち、踏み換え時間がゼロです。さらに、ストップランプを2回点灯するブレーキテクニックを使う場合も、一回目の点灯は、ブレーキを効かさず、全くの等速走行させて、ストップランプだけ点灯するというような事が可能になり、後続車にも余裕が生まれます。車庫入れ時のスピードコントロールは、アクセルもブレーキも同時に踏んだ状態(半クラッチと似た状態)で行いますが、全部踏み込めば、ブレーキが勝つようになっている、車の特性がありますので、決して暴走する事はありません。バックで暴走した実例として、左足がアクセルに乗った場合を目撃していますが、きちんとした運転姿勢をしていれば、その可能性はありません。

常時、進行方向に正対した運転姿勢
 高齢者が、右足をブレーキペダルに踏み換える時に、体を捩る動作が、体が硬くなっている事で、アクセルをブレーキと誤認して、暴走の原因となるという説についても、右足1本だけだから起こりうる誤認であり、左右で役割分担する事で、誤認事故は防ぐことが可能になります。もちろん、体を捩って、ブレーキを踏む必要も無くなり、完全に正対して車をコントロールできます。正対できる事で、車の側方感覚も正確さを増します。飛行機のラダーペダルも、左右2ヶ所なので、両足で、飛行方向に正対しての操作で、車だけが、右足1本で操縦することが不自然ともとれます。

左足の神経が活性化する
 このように、左足ブレーキを使い出すと、運動神経が活性化し、マニュアル車運転時のクラッチワークまでもが、非常に繊細になります。回生ブレーキの掛かり具合も、左足に完全にフィードバックされ、減速具合もコントロール可能になります。ハイブリッド車の場合、回生ブレーキの強度が変化しますので、車の停止際の難易度が高くなりますが、それでも、正確にコントロールが可能です。
 バスケットボール競技では、ワンハンドシュートを除き、決して利き腕だけに頼る事は、しません。ドリブルや、パス、レイアップシュートは、手も足も、左右で同じ事ができるように練習します。ミニバス経験者は、早くからこの練習を行っており、慣れていますが、中学校から始めた選手では、この練習が最初は苦手ですが、やがて、ミニバス経験者と同じように、左右の違いを気にしなくなります。ただし、頑固な性格で、少しレベルが高い選手は、利き腕だけのプレイにこだわり、上達が遅くなる事があります。